2015年6月19日金曜日

日記 2015年5月の事



泣いて暮らして食事も喉を通らなそうな事があった。
しかしご飯も美味しく食べて日々平和に暮らしている。

年を取って感情的部分の鈍化が進むとして、
刃の部分が錆びても、柄で殴りかかって潰せば良いと思う。
根源は何も変わらない。

いろんな流れが横を過ぎて行く。
無理やり流れの中に飛び込んでしまえば良い。
案ずるより産むが易し、の心情で、
いまは何も考えないで突っ込んでいく勢いを大切にしたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿